ヘッダー

交通事故 むち打ち治療

先日の急患

70代女性コンビニから出るときにバイクに乗っていて車との衝突事故で来院

首はほとんど回旋できず目まいやふらつきがある状態で来院されました。
バイクに乗っていて出会いがしらの事故といえ明らかに外傷が強く被害も大きいのにも関わらず

保険会社の見解はバイク搭乗者の過失が強いとの事で自賠責適用不可
「はい?」って感じで保険会社と交渉を開始しました。

車を運転していた側の方も前方不注意。もちろん患者様も前方不注意でしたので、
過失的にみても最悪イーブン!

患者さんだけの過失が強いわけではない!と言う説明と再度状況確認をしてもらった結果。

お互いの過失は平等にあるとの回答をいただき何とか自賠責の適応を認めていただきました。

が、正直納得できたものではありません。

車やバイクの損傷度がどうのではなく、患者さんの状態の酷さが物語っております。
首にはコルセットをまいた状態で首も回らず、毎朝のようにふらつき目まい。

多分他の事故の患者さんも泣き寝入りしている方も多々おられると思いますが、もし納得できない状態
に追い込まれてい待った際には是非ご連絡ください!!
出来る限りの力添えはさせていただきます!!

大阪府泉佐野市長滝1234-24
泉佐野仁整骨院
072-465-8856

10月も末に差し掛かり紅葉シーズン真っ只中ですね。

楽しい気分でお出かけしたものの道中で交通事故なんて最悪ですね。

この季節に関しては交通事故の件数が一気に増えます。

普段はあまり運転しない方もちょっと遠出しようかなぁなんて感じで車を運転しますからね。

そんな時に厄介なのが、自分だけの注意では事故は避けることができない!って事なんです。

「自分は注意してたのに後ろから追突された」

こんなことが起きてしまいます。

私は注意してるから大丈夫ではなく、周りの知人友人にもしっかり事故の怖さと一瞬の気のゆるみが大惨事を生むことを
説明、理解してもらい、みんなが注意しながら運転すれば事故なんて絶対おきません!!

それでも、もし事故を起こしてしまったり事故の被害にあった際には即病院に行ってください!

これから寒くなるこの季節は症状の改善も遅くなってしまいます。

通院が面倒くさいと言われる方もいますが、後遺症になって一生辛い思いをするよりは絶対ましですよ!

なった後の後悔より、今ちょっとした注意の積み重ねをしていきましょう(^0^)

大阪府泉佐野市長滝1234-24

泉佐野仁整骨院

072-465-8856

交通事故と言えば真っ先に思い浮かぶのは車の事故ですよね。

ですが、実際事故には「バイクの事故」や「自転車の事故」などもあります。
細かく言ってしまえば、対象が、車か人かで更に変わってきてしまいます。

今回はバイク事故についてです。

基本的には同じなのですが、決定的な違いは事故後の症状の出方や改善度です。

車の場合はもちろんムチウチなどの症状が出ますが、しっかり治療すれば早期に治癒も十分可能です。

ですが、バイク事故の場合は少し違いまして

先ず衝突したときの衝撃+飛ばされた後の地面との2次的衝撃があります。
この、2次的衝撃が厄介でして

バイク事故で死亡する割合が最も多いのがこの2次的衝撃なんです。
ですので、治療に関しましても車の事故に比べて期間がかかってしまうのは避けられないのが現状です。

車の事故はもちろんですが、バイクの事故は余計に早期治療+継続治療が必要になります。

ちょっと当たられただけだから大丈夫なんて絶対だめですよ!!
どれだけ些細な事故でも構いません。

必ず病院で一度検査をしてもらい、何もなければ問題ありませんし、もし調子が悪くなった際はすぐに専門の医療機関に受診してください!

大阪府泉佐野市長滝1234-24
泉佐野仁整骨院
072-465-8856 院長梅村