ヘッダー

四十肩、五十肩

今年の冬は暖冬と言われていましたが、寒いですねェ><

当院ではこんな時期になると急に増えてくるのが五十肩や四十肩といった
肩の関節が固まってきてしまい、可動域が狭くなってきてしまう症状の患者さん。

12月1月だけでも4名の方が来院されています。

冬の寒さはどうしても体を動かすことが少なくなってきますから自然と肩だけでなく全身の関節の動きが悪くなってきてしまいます。
寒さの影響する症状としては四十肩などの症状以外にも慢性的になっている肩こり腰痛なども
辛さが増してくる傾向にあります。

肩こりや慢性の腰痛は保険適応外の症状ですので保険診療のみの整骨院では診てもらうことは出来ませんが、
当院ではそのような患者さんの為にも整体やマッサージ部門を用意しておりますので対応可能となっております。

たかが肩こり、昔からの腰痛だからといってそのままにしておくと後々辛い思いをしてしまいます。

「しんどいなぁー」と感じたときは身体からのSOSです。

「時間ができたら行こう」「我慢できなくなったら行こう」

といった状態では手遅れになってしまうこともあります。

どんな症状にもかかわらず、早期治療は早期改善です!!
早め早めの通院を心掛けていただけたら幸いです^^

寒さに負けない身体つくりを今のうちからしていきましょう!!

40,50代の方は結構経験があると思います。

 

急に感じる腕や肩の痛み。夜中の疼き

最初はこんな感じの症状から始まり、次第に腕を後ろに回すと肩が痛い。腕が上がらない。着替えさえも辛い。

 

などなどの症状が出て来ます。

 

当院に通院される患者さんも大半が腕が上がらなくなるほど痛みが辛くなってから来られます。

こうなっては正直相当な時間がかかります。

 

これらの症状は 「四十肩、五十肩」 といわれ肩の関節が固まってきてしまう症状です。

 

初めに書いた夜中の疼きなどは最も特徴的な前兆ですので、出来ればこの状態の時に通院して頂ければ症状が悪くなりすぎずに早期改善できます。

 

それに加えて大事なのが、肩周りの運動。

 

現代人はどうしても運動不足ですので、しっかり意識的に肩を動かす事で予防の意識づけもして頂けると最高です。

 

泉佐野仁整骨院 
072-465-8856

ある日突然感じる肩や腕の痛み。

これって何??

 

症状によって様々ではありますが、今回は四十肩や五十肩。

名前の通りこの年代の方に非常に多いです。

一番の特徴は肩を後ろに回せない。風呂で頭を洗うのが辛い。夜寝るときに肩が疼く。

 

これらの症状がある際は四十肩や五十肩の可能性が高いですね。

 

もしなってしまったら、痛いとは思いますが動かすようにしましょう!!

動かすことをやめてしまうと肩の関節がどんどん固まってしまうので症状はきつくなっていく一方です。

 

痛いながらも少しずつ動かし、しっかりと温める!

この2点をしっかり押さえて下さい。

 

もちろんこれだけではなくて、治療もしっかりしましょうね(^0^)

 

泉佐野仁整骨院

072-465-8856