ヘッダー

2012年 8月

膝の痛みに悩んで来院された女性患者さんからの相談。

 

「先生、私膝の軟骨もすり減ってるし膝も曲がってるから痛くて痛くて。手術しかないですか??」

 

こちらの患者さんは確かに変形性の膝関節症で膝は曲がっていましたが、僕の判断ではまだ改善の余地があったので

「〇〇さん、確かに当院では曲がってしまった骨自体はどうする事も出来ませんが、痛みを軽減させる事は十分可能ですよ」

「手術はその後でもいいんじゃないでしょうか??」

 

患者さんもやはり手術には少し抵抗があったみたいで、とりあえず当院での治療を頑張ってみると言って頂きました。

 

治療は先ず膝の悪い方特有のあるポイントをしっかり刺激し、その後は少し痛みはありますが当院独自の運動を加えてやります。

一見何気ない治療ではありますが、この2つの施術を行う事で膝の関節の可動域が広がります。

 

施術後患者さんも「さっきより歩きやすい!!」と笑顔を見せてくれました。

 

まだ少し回数は必要にはなると思いますがうまくいけば痛みの消失も全然可能です(^0^)

 

皆さんも痛みを抱えず諦めずいつでもご連絡下さいね

 

泉佐野仁整骨院

大阪府泉佐野長滝1234-24

072-465-8856

最近の患者さんで多いのが中高年の腰痛症 ですね。 

 

その中でもギックリ腰が多いですよ。

ゴルフのコースに出てドライバーを振った時に急に痛みが走った。

草野球の試合でスイングした時に急に痛みが走った。などなど

 

お分かりですか??

 

ゴルフも野球も同じ方向に身体をねじるスポーツなんですよね。

 

学生や20代の若い方ならなんてことない事ですが、中高年の方は違います。

 

中高年が何故怪我をしやすいのか

1、普段はあまり運動せずにたまにする運動が結構激しい。

2、準備運動をしない。

3、気候のよい時にだけ動く。

大きく上げたらこんなものですね。

皆さんじゃないですよ!!一部の方です!!

 

ゴルフや野球だけに限らず全ての運動に関係する事ですので、準備運動は面倒臭いですがしっかりして下さい(^0^)

 

それ以外では身体のメンテナンスにも少し気を使ってほしいですね。

当院では、このような季節的な腰痛などでお悩みの方のために筋肉バランス療法を行っています。

 

マッサージなどとは違い左右の筋肉のバランスを整えますので怪我のしにくい身体になりますよ。

運動前や運動後、ちょっと心配な時には是非いつでもご相談下さいね(^0^)

 

泉佐野仁整骨院

大阪府泉佐野市長滝1234-24

072-465-8856

交通事故=むち打ち症??

 

答えはNOです。

 

ですが統計上事故の被害に遭った方の7割強の方がむち打ち症を患っているといわれています。

むち打ち症って??

1、事故後数日経ってから首や肩に痛みを感じだした。

2、天候の変化などによりめまいや吐き気、身体の状態が変わる。

3、急に頭痛などを感じ始めた。

 

まだまだたくさんありますが、むち打ち症というのは交通事故の衝撃により頸椎(首の骨)が急激に前後左右に動かされることで、骨のずれや時には神経そのものを傷つけてしまい発症してしまいます。

 

怖いのは事故後発症までの期間に定めがない事です。早い方は翌日、遅い方ですと数年後なんて事もありますからね。

 

事故したけど痛みもないし辛さもほとんどないから大丈夫!!と安心するのは危険です!

 

一度しっかり検査を受けて念の為に治療を受ける事をオススメします!!

 

当院は大阪府泉佐野で唯一「NPO法人事故サポートする会」に認定されており大阪支部として交通事故の治療を専門にしております。事故後の全ての面で患者さんの負担を最低限に出来るように心がけていますので、いつでもご相談下さい(^0^)

 佐野市内で唯一むち打ち治療専門の泉佐野仁整骨院HPはこちら

072-671-2992