ヘッダー

むちうちの記事

最近当院に増えてきた交通事故の患者さん。

といっても事故の被害にあわれて、現在むち打ち症を持っている患者さんではなく以前に事故の被害にあい、治療を中途半端にしてしまったが為に後遺症として首の痛みやしびれが残ってしまっている患者さんです。

 

この様な患者さんによく見られるのが、「この痛みは治らないんですよね」と諦めかけている。ということです。

 

むち打ち症は確かに早期治療が早期改善の鍵になります。

治療をしなかったが為に後遺症が残り辛い思いをする事もあります。

 

ですが

 

後遺症になってしまったからといって将来もずっとこのまま辛い思いをするのかといえばそうではありません!!

 

事故後数年たってからでも首の治療をしっかりしてやる事で楽になってきます。

 

大事なのは、諦めないことが絶対大事!!

 

当院は交通事故などのむち打ち症を専門にしています。

先ずは一度相談下さい!!

 

大阪府泉佐野市長滝1234-24
泉佐野仁整骨院

早期のむちうち症改善を求める方はこちら

072-465-8856

だんだん暖かくなり、やっと春らしくなってきましたね。

 

交通事故は年中起こってしまうものですが、この時期に起こしてしまった事故は特に気をつけて治療して頂きたいですね。

 

理由は簡単!

春から夏にかけては梅雨を挟みます。

この梅雨時期は皆さんご存じの通り体調を壊しやすいですよね

 

グズッた天気は気圧の変化などが顕著に表れ体内環境が変わります。

むち打ちなどの症状を持っている方はこの変化に身体が付いていけずしんどい状態になってしまいます。

 

正直こればっかりはどうしようもありません。

 

出来る事は一つ!!

梅雨時期までに集中して治療し完治させる事です。

 

適切な治療を続ければ2か月もあれば十分改善は可能です。

この時期治療を怠ってずっとしんどい思いを続けるか、今のうちにしっかり通院し治しきるか患者さんの選択の自由ですが、

どちらがいいかは皆さんお気づきですよね。

 

梅雨までまだ3カ月ほどあります!

今のうちにしっかり治しておきましょう(^0^)

 

泉佐野仁整骨院

072-465-8856

まだまだ定着していない交通事故のむちうち後遺症に対しての注意。

 

先日来院された男の子も学生の頃に後ろからの交通事故にあいむち打ちで首の痛みやだるさに悩まされていたそうなのですが、

病院にいきシップをもらい1週間ほど安静にしていると、首の痛みやだるさも楽になってきたらしいのでそのまま放置していたみたいです。

 

それから現在3年が過ぎ天候や気候によっては首のだるさが気になり出して来院。

 

事故から3年も経過しているという事もあり事故との因果関係を突き止めることは難しいですが、患者さんがうったえる症状や体調の変化が起こる時期などを聞いていると後遺症の疑いが怪しいですね。

 

ですが、今となってはしょうがありません。

保険会社に何を言おうと正直方法はありませんので、できる事は今からでも治療を開始して現在の症状を改善していくしか方法はないですね。

 

後遺症が残ってしまってもしっかり治療をしていく事で十分に症状を軽減して行く事は可能ですし、完全に症状を消す事も100パーセント無理ではありません。

 

こちらの患者さんともしっかり話をさせてもらいこれからしっかり治療を開始していきます!!

 

最後にもう一度!!

事故に遭った際には先ず警察に連絡!!その後は整形外科に受診!!そこで症状が落ち着かなければ整骨院などで交通事故を専門にしている所でしっかり治療してもらう事!!です。

 

 

絶対頭に入れてくださいね。。。

 

泉佐野仁整骨院 072-465-8856