ヘッダー

むち打ちの記事

交通事故は突然起こるものです。

突然の事ですので、当然気が動転してしまい何をすればよいか分からなくなってしまいます。

細かく言えばいろいろやることはあるのですが ,

とりあえず絶対にしてほしい事!!

1、警察に電話をし事故証明をもらう

2、病院や整形外科などで一度検査をしてもらう

3、検査に異常がなければ整骨院で治療を受けるために転院できる

 

これだけは絶対に覚えていてほしいですね。

その中でも、特に2番、これを忘れてしまうと、いざ事故後に身体の不調を訴えたとしても自賠責保険が使えずご自身で負担しなければならなくなります。

病院だけはしっかり行きましょうね^^

NPO法人交通事故と労災をサポートする会泉佐野仁整骨院はこちら

その他お悩みの方はいつでもご相談ください!

072-465-8856

季節の変わり目、特に秋から冬にかけての今時は紅葉シーズンということもあり

交通量がどこも増えてきましたね。

 

当院でもこの1ヶ月で事故の問い合わせなどがドーンと増えています。

「事故したんですけど・・・」「むち打ちのリハビリしていますが良くなりません」「友人が追突されたみたいですけど」

「事故の治療はどのような手続きすればいいですか?」などなど

 

交通量の増加とともに必然的に増えてしまう交通事故!!

皆様はだいじょうぶでしょうか?

 

事故のむち打ち症は放って置いて良くなることはありません!!

数ヵ月後数年後に後遺症として出てくるケースも非常に多いです!

(経験者は語る!)です><

 

整骨院は基本的に交通事故の治療は可能です。

看板を掲げているところも少なくありません。

 

ですが、専門としているのかどうかで症状の改善速度は全然違います!

「とりあえず整骨院に行こう」「病院に行ってれば安心」その様な軽い考えは危険ですよ。

 

むち打ち症はしっかりとした専門治療をしなければ完治は難しいんです。

もし現在お悩みの方がおられれば是非是非一度相談いただければと思います(^0^)

佐野近郊でむち打ち治療院をお探しの方はこちら

072-671-2992

当院には、大阪府泉大津・熊取・日根野など各方面から来院頂いています。

本日の患者さんからの質問。

「事故の後から首が重たくて、こんな時は温めるの?冷やすの?」

 

自己の症状に関わらずこれって疑問ですよね??

一概にこうです!!とは正直ありません。

 

ですが、一般的に初期の段階では冷やすことを推奨しています

事故直後や外傷直後は患部に必ずと言っていいほど炎症や熱感が出ます

これを冷やしてまず落ち着かせることが大事なんですね。

 

その後少しずつ温めていくことがベストではないかと思います^^

大体受傷後1週間位をめどにして頂けたらと思います。

 

慢性の肩こりや腰痛で冷やせ!!という治療家や医者はなかなかいませんよね。

 

あくまで一般的な範囲でのことですので個人差などもありますので、やはり専門の医療機関での適切な指導のもとで行っていただきたいですけどね^^

 

当院でも相談は無料でお受けしていますのでいつでもお気軽に!!

 

泉佐野市内で交通事故・むち打ち治療をお考えの方HPはこちら

072-671-2992

当院には、泉大津・堺・富田林・日根野・熊取など各方面から来院頂いています。