ヘッダー

事故の記事

10月も末に差し掛かり紅葉シーズン真っ只中ですね。

楽しい気分でお出かけしたものの道中で交通事故なんて最悪ですね。

この季節に関しては交通事故の件数が一気に増えます。

普段はあまり運転しない方もちょっと遠出しようかなぁなんて感じで車を運転しますからね。

そんな時に厄介なのが、自分だけの注意では事故は避けることができない!って事なんです。

「自分は注意してたのに後ろから追突された」

こんなことが起きてしまいます。

私は注意してるから大丈夫ではなく、周りの知人友人にもしっかり事故の怖さと一瞬の気のゆるみが大惨事を生むことを
説明、理解してもらい、みんなが注意しながら運転すれば事故なんて絶対おきません!!

それでも、もし事故を起こしてしまったり事故の被害にあった際には即病院に行ってください!

これから寒くなるこの季節は症状の改善も遅くなってしまいます。

通院が面倒くさいと言われる方もいますが、後遺症になって一生辛い思いをするよりは絶対ましですよ!

なった後の後悔より、今ちょっとした注意の積み重ねをしていきましょう(^0^)

大阪府泉佐野市長滝1234-24

泉佐野仁整骨院

072-465-8856

交通事故と言えば真っ先に思い浮かぶのは車の事故ですよね。

ですが、実際事故には「バイクの事故」や「自転車の事故」などもあります。
細かく言ってしまえば、対象が、車か人かで更に変わってきてしまいます。

今回はバイク事故についてです。

基本的には同じなのですが、決定的な違いは事故後の症状の出方や改善度です。

車の場合はもちろんムチウチなどの症状が出ますが、しっかり治療すれば早期に治癒も十分可能です。

ですが、バイク事故の場合は少し違いまして

先ず衝突したときの衝撃+飛ばされた後の地面との2次的衝撃があります。
この、2次的衝撃が厄介でして

バイク事故で死亡する割合が最も多いのがこの2次的衝撃なんです。
ですので、治療に関しましても車の事故に比べて期間がかかってしまうのは避けられないのが現状です。

車の事故はもちろんですが、バイクの事故は余計に早期治療+継続治療が必要になります。

ちょっと当たられただけだから大丈夫なんて絶対だめですよ!!
どれだけ些細な事故でも構いません。

必ず病院で一度検査をしてもらい、何もなければ問題ありませんし、もし調子が悪くなった際はすぐに専門の医療機関に受診してください!

大阪府泉佐野市長滝1234-24
泉佐野仁整骨院
072-465-8856 院長梅村

4月13日(日)泉佐野市仁整骨院で交通事故専門士資格取得講座を開催しました!

当日は整骨院を臨時休診して開催され、患者様にはご迷惑をおかけしました事、深くお詫び申し上げます。

 

お陰様で、初の専門士資格の講座でしたが、遠方の方からもたくさんの先生方にお越し頂き無事皆さん合格され終了しました。

まだまだ交通事故についての認識の相違があり、我々ジコサポも精進していかなければと思いました。

 

事故によるむち打ちの被害で一番つらいのは患者様です。

その患者様にとって一番良い選択肢を提供するのがジコサポのあるべき形だと思っています。

当院単体ではどうしても限界が来てしまいます。ですが、事故で悩む方は全国におられます。

その悩みをワンストップで解決できる組織を全国に作っていくため、これからも普及活動を続けていきます^^