ヘッダー

膝の痛みの記事

膝の痛みに悩んで来院された女性患者さんからの相談。

 

「先生、私膝の軟骨もすり減ってるし膝も曲がってるから痛くて痛くて。手術しかないですか??」

 

こちらの患者さんは確かに変形性の膝関節症で膝は曲がっていましたが、僕の判断ではまだ改善の余地があったので

「〇〇さん、確かに当院では曲がってしまった骨自体はどうする事も出来ませんが、痛みを軽減させる事は十分可能ですよ」

「手術はその後でもいいんじゃないでしょうか??」

 

患者さんもやはり手術には少し抵抗があったみたいで、とりあえず当院での治療を頑張ってみると言って頂きました。

 

治療は先ず膝の悪い方特有のあるポイントをしっかり刺激し、その後は少し痛みはありますが当院独自の運動を加えてやります。

一見何気ない治療ではありますが、この2つの施術を行う事で膝の関節の可動域が広がります。

 

施術後患者さんも「さっきより歩きやすい!!」と笑顔を見せてくれました。

 

まだ少し回数は必要にはなると思いますがうまくいけば痛みの消失も全然可能です(^0^)

 

皆さんも痛みを抱えず諦めずいつでもご連絡下さいね

 

泉佐野仁整骨院

大阪府泉佐野長滝1234-24

072-465-8856

特に女性に多いのですが、年を重ねるにつれて不具合を生じてくる膝。

病院などでは「とりあえず痛みと止めの注射をしましょう!」

        「ヒアルロン酸注射で膝の調子を見ましょう」

 

などの診断」、治療がほとんどです。

 

じゃ注射すれば治る??

 

いいえ!!治りません!!

痛み止めの注射は時間とともに効果はなくなっていきます。

ヒアルロン酸注射はそもそも効かない方がいます。個人差が大きいですね。

 

病院での治療はそのような感じが一般的ですが、整骨院や接骨院では違います。

確かに私たちの施術で変形してしまった骨を元に戻すことは出来ません。

 

ですが、今抱えている痛みを軽くし、時には完全になくすことも可能です。

やはり人の身体は骨と筋肉から成り立っていますのでこの部分をしっかり適切にケアしてやる事で今まで悩んでいた痛みからも解放される方も多くいらっしゃいます

 

とことんまで治療した!でも痛みが取れない!!

手術などの外科的な処置は最後の方法で考えていただきたいと思います。

 

まずは可能性のある治療を受けてみてはいかがでしょうか?

やはり身体にメスは入れない方がいいですからね(^0^)

 

泉佐野仁整骨院

072-465-8856

年を重ねるにつれて身体に不調を感じてきますよね。

 

「昔は肩こりなんて無かったのに」「去年初めてギックリ腰になった」「最近夜中に足がつる」など

 

そんないろいろな症状の中でも最近当院でよく聞くのが「膝が痛み出した」

 

病院で検査しても「軟骨が磨り減っているから仕方ない」「もっと痩せたら治る」などでほとんど治療などはしてくれない様ですね。

確かに年々膝の軟骨は磨り減ってきますし、体重が重ければ膝に負担がかかるのも仕方ありません。

 

でも、原因ってそれだけじゃないですよ!!

 

当院に来院される患者さんもほとんどが膝に負担のかかる歩き方や重心の位置なんです。

つまり、積み重ねた日常生活でのバランスがどうしても膝に負担のかかる姿勢になってしまっているんです。

 

骨格はもちろん筋肉のバランスもです。

 

改善するのは難しい事ではありません。

 

骨盤をしっかり矯正し、股関節の動きをつけてやり、、今まで負担をかけていた膝周りの筋肉をしっかり緩めてやることで痛みは改善、中には消失する方もおられます。

「この膝の痛みはもう治らへん」と諦めている方!

まだまだ大丈夫ですよ(^0^)

 

泉佐野仁整骨院

072-465-8856